くらし情報『松本人志「路上から始めろ」ネットカフェ難民への発言に波紋』

松本人志「路上から始めろ」ネットカフェ難民への発言に波紋

2018年2月20日 17:30
 

松本人志「路上から始めろ」ネットカフェ難民への発言に波紋

(C)まいじつ

ダウンタウン松本人志が、社会問題となっている“ネットカフェ難民”に対して「ちゃんと働いてほしい」と持論を展開した。

2月18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、住居を持たずにインターネットカフェなどに寝泊まりする人、いわゆるネットカフェ難民が東京都内に約4000人いるという社会問題を取り上げ、そのうちのひとり、30代の男性に取材したVTRを放送した。この男性は、路上ライブをしながら生活費を稼いでネットカフェに長期滞在していると語り、先行きに不安を抱えながらも充実していると言って、日々のネットカフェでの暮らしを続けてしまうことを明かしていた。

これを見た松本は「(居心地が良さそうなので)分からんようにちょっとずつ(部屋を)狭くしたったらどう?」と案を出した。すると出演者たちは「追い出す話じゃないですよ」、「その人たちが出ていったときに行くことができるところを作らなきゃいけない」と諭したが、松本は「なんかみんな優しいなぁ、話を聞いてると。おれは若干、イライラしてきてる」、「(ネットカフェ難民に)ちゃんと働いてほしいから」と自身の考えを説明した。

松本は彼らがネットカフェを追い出された場合、「路上でまずは始まるんやろうね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.