くらし情報『平昌五輪中も「ほとんど仕事ナシ」村主章枝を心配する声』

平昌五輪中も「ほとんど仕事ナシ」村主章枝を心配する声

2018年2月20日 16:00
 

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

ちょうど1年前、初のフルヌード写真集を発売して大いに話題になった元フィギュアスケート選手の村主章枝が、2月18日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、久しぶりに元気な姿を見せた。

放送で村主は、平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで羽生結弦が見事に連覇を果たした模様を解説。その快挙達成の要因に“スケートシューズの進化”を挙げた。

村主はシューズが進化した点について、自身が使っていたシューズとは底が違うと指摘。「羽生選手のものはカーボンです。靴の部分もわたしの時代は皮だけだった。羽生選手たちはプラスチックが入っている。皮は重い。私のものだと靴だけで片方が800グラム。エッジの重さは含んでいないので両方で1.6キロ以上です」と語った。また「羽生選手の軽量化されたものは300とか400グラムなので、500グラム近く軽くなっている。両足で1キロくらい軽くなっている」と解説した。

番組レギュラー出演者の杉村太蔵が「人類は何回転できるのか」と質問すると、村主はフィギュアスケート女子シングルで1992年にアルベールビル五輪の銀メダリストになった伊藤みどりさんの名前を挙げ、「伊藤みどりさんはわたしより前の世代なのでもっと(シューズが)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.