くらし情報『岡村隆史がめちゃイケで「嫌なら見るな」発言を謝罪した理由』

岡村隆史がめちゃイケで「嫌なら見るな」発言を謝罪した理由

2018年2月21日 16:00
 

岡村隆史がめちゃイケで「嫌なら見るな」発言を謝罪した理由

(C)まいじつ

ナインティナイン』の岡村隆史が、2月17日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』で、フジテレビが凋落したことを象徴する言葉になっている「嫌なら見るな」という発言について謝罪をした。

フジテレビを批判するときの“標語”となったのが、岡村による「嫌なら見るな」の発言だった。ほかの芸能人も同様のことを言っていたが、岡村の発言だけが取り上げられ、しかもそれをフジテレビの人間が言ったと誤解する人まで続出し、フジテレビバッシングは加速した。

この発言から7年が経ち、最終回が迫っているめちゃイケでついに、岡村が『極楽とんぼ』の加藤浩次に促される形で謝罪した。なぜいまになって謝ったのだろうか?

■ 岡村だけに責任を押しつけたフジ

「バッシングが起きた当初は、フジの局員も完全に甘く見ていたのですが、視聴率が下がると同時に広告収入が激減し、昨年4~9月期も営業赤字でした。嫌なら見るなどころか“お願いだから見てください”という状況です。 岡村もフジの惨状は身に染みるほど分かっているため、めちゃイケが終わる前に一度、謝らざるを得なかったのです」(フジテレビ関係者)

岡村が謝罪をした際に、放送では《(注)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.