くらし情報『安室奈美恵ラストツアー「超厳戒態勢」の実態』

安室奈美恵ラストツアー「超厳戒態勢」の実態

2018年2月22日 10:30
 

安室奈美恵ラストツアー「超厳戒態勢」の実態

画/彩賀ゆう

今年9月16日をもって引退すると発表している安室奈美恵のラストドームツアーが初日を迎えた。

2月17日と18日のナゴヤドームを皮切りに、福岡のヤフオクドームで2日間、札幌ドームを1日の公演したあと、大阪の京セラドーム大阪で4日間の公演をし、最後は東京ドームで6日間の公演をおこなう予定だ。約75万人を動員するこのツアーは、ファンもマスコミも注目している。

そのドームツアー初日は、SNSでも話題になっていた。

安室奈美恵のライブでは、ドーム規模にも関わらず、すべての来場者に対して、指定身分証による本人確認を実施するようです。ガチで本気みたいです!》

この投稿をきっかけに、チケットに関する情報が流れ始めた。

《身分証確認は、①身分証を持っているか事前チェック 入り口前に着くと…②身分証を提示→QRコード ③すべての情報が合えばオッケーって感じ。割とスムーズ。》
《アリーナ席の人は会場内入ってからもう1回QRの提示が必要です!!》

このような会場入場に関する投稿が目立つ。そして、徹底した身分証のチェックをしているという投稿もあった。

《すでに入場拒否されてる人いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.