くらし情報『運よく「仮想通貨被害」を逃れていた今田耕司』

2018年2月23日 19:00

運よく「仮想通貨被害」を逃れていた今田耕司

(C)tonkid / Shutterstock

(C)Shutterstock

タレントの今田耕司が先日、番組MCを務める『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で仮想通貨の被害損失からぎりぎりのところで逃れていたことを明かした。

番組後半に仮想通貨の取引所『コインチェック』から約580億円分の仮想通貨『NEM(ネム)』が流出した騒動が話題に上がった。MCの月亭八光が「このなかで仮想通貨をやっている人?」と聞いたところ、手を挙げたのがお笑いコンビ『FUJIWARA』の原西孝幸だった。

原西によると、去年の夏ぐらいに『野生爆弾』のくっきーから「東京五輪まで100倍になるから」と勧められて、NEMを購入したという。そして、「小遣い月4万円のうち、月1万円貯めて5万円にしたんですよ」と5万円を投資したといい、「(騒動で仮想通貨の)価値が半分になって、しかもその2万5000円を引き出せなくなったんですよ」と嘆いた。

■ 「おれもやろうと思っていたときに…」

この話を聞いた今田は、「おれもやろうと思っていたときに、こんなの(ニュース)が出た」と告白。「年末に、たむけんに全部取引所のことをやってもらって」と、芸人で実業家のたむらけんじに仮想通貨の購入手続きを頼んだが、「(申し込みの)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.