くらし情報『オリンピックは将来「アジアの持ち回り」になる!?』

2018年2月27日 19:30

オリンピックは将来「アジアの持ち回り」になる!?

(C)lazyllama / Shutterstock

(C)Shutterstock

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒選手の所属先は、長野県松本市にある地域医療を担う総合病院の『相澤病院』だ。同病院の小平への援助費は年間で1000万円に達する。

同じく平昌五輪でアルペンスキー女子大回転に出場した石川晴菜選手も、石川県金沢市にある『木島病院』に所属している。2016年から病院の受付事務の仕事をしながらトレーニングに励み、五輪代表の座を掴み取った。しかしながら、所属先の病院は所属選手がメダルを取ったとしても、経営面のメリットはあまりないだろう。

「冬季競技は華やかなフィギュアスケートを除いて、五輪のときくらいしか注目されない競技が多く、選手をサポートしても広告効果はほとんど見込めないため、受け入れる企業や活動資金を援助しようとするスポンサーは少ないのが実情です。冬季競技の選手の多くは、トレーニングとは別に生活の基盤となる所属企業やスポンサー探しをおこないながら競技を続けているのです」(スポーツライター)

今回の平昌五輪でにわかに存在感を増した選手の所属先がある。住宅メーカーの木下工務店などを傘下に持つ『木下グループ』だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.