くらし情報『羽生結弦を悩ませる「ストーカー問題」』

2018年3月4日 10:00

羽生結弦を悩ませる「ストーカー問題」

(C)Tatiana Edrenkina / Shutterstock

(C)Shutterstock

平昌五輪でフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦が、ストーカー被害に悩まされているという。

羽生は2月27日に五輪解団式や外国特派員協会の会見など、さまざまなイベントに出席した。そのとき、今後については「4回転半に挑戦したい」と話し、具体的な活動方針については明言しなかった。

「今シーズンは今後も試合に出るのか、休むのか、はっきりしていません。羽生はカナダを練習の拠点にしていますが、しばらくそこに居るのかについても明かしていません。実は羽生は、“追っ掛け”の存在に、相当神経を使っているといいます」(スポーツ紙記者)

羽生は宮城県仙台市の出身だ。

「羽生は前回4年前のソチ五輪で金メダルを取り、国民的なヒーローになりました。それ以前には2011年2月に高校生で四大陸選手権に出場し、銀メダルを獲得しています。そのとき一気に注目を集めたのですが、直後の3月に東日本大震災が発生してしまったのです」(同・記者)

■ テレビに映し出されてしまった実家

羽生は東日本大震災の翌2012年に世界選手権で銅メダルを獲得し、世界のフィギュアスケート界でさらに名声を高めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.