くらし情報『視聴率不調の度に噂になる「月9廃止論」はただの話題作り?』

2018年3月5日 07:00

視聴率不調の度に噂になる「月9廃止論」はただの話題作り?

usapan / PIXTA(ピクスタ)

usapan / PIXTA(ピクスタ)

フジテレビの伝統的なドラマ放送枠“月9”に何度目か分からない廃止論が持ち上がっている。

現在月9では芳根京子主演の『海月姫』が放送されており、4月からは長澤まさみの主演する『コンフィデンスマンJP』が始まると発表されている。長澤が月9で主役を務めるのは2007年放送の『プロポーズ大作戦』以来、11年ぶりだ。

「昨年1~3月に放送された西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚します』が全話平均視聴率6.7%と、月9史上ワーストを記録しました。それまで月9は長らく低迷していたこともあり、その時点で廃止かと噂が広がりましたが、4月以降も継続されています。そして、高い期待が掛けられた『』の相葉雅紀が主演の『貴族探偵』は8.8%と大失敗。これで本当に終わりかと思ったら7~9月放送の『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』が14.8%という高い視聴率を記録したのです。この結果を受けて、月9はドラマ枠として継続が決定していました」(テレビ雑誌編集者)

■ 長澤のドラマが失敗しても…

ところが、現在放映中の海月姫は第7話まで放送された時点での全話平均視聴率が6.4%と落ち込んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.