くらし情報『清水宏保氏「パシュートチームの対応が違う…」と自虐ネタ披露』

清水宏保氏「パシュートチームの対応が違う…」と自虐ネタ披露

2018年3月6日 11:30
 

関連リンク

・今年人気の”チェック柄”はこの4種類!夏コーデの主役にお迎えして♡
・素敵だからさり気なく置いておきたい♡おすすめの美しいフラワーベース8選
・お弁当上手な裏ワザ! スリムな水筒にぴったり入る氷のつくり方
(C)Sera57 / Shutterstock

(C)Shutterstock

3月5日に放送された『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』(テレビ朝日系)に、長野五輪のスピードスケート男子500メートル金メダリストの清水宏保氏が出演し、平昌五輪のスピードスケートで金メダルを獲得した高木菜那、美帆姉妹ら女子パシュートのメンバーに“恨み節”を口にした。

この番組では、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子のメンバーや、フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得した原大智ら、五輪に出場した選手を招いたほか、フィギュアスケート男子シングルの羽生結弦に密着したVTRなどを放送した。

女子パシュートの4人は、帰国直後に行われた独占インタビューの様子が放送され、『Kis-My-Ft2』の藤ヶ谷太輔がインタビューした。4人は藤ヶ谷に多少緊張した様子を見せながら受け答えしていたが、高木菜那は「藤ヶ谷に会えて疲れが飛んだ」と“リップサービス”を交える余裕も。番組では菊池彩花が食べたがっていた中トロ、高木姉妹の好物であるかぼちゃコロッケなどが振る舞われ、選手らは笑顔を見せていた。

■ 「女子力が全然違う」

このインタビューに敏感に反応したのが、高木姉妹と同郷で競技の先輩でもある清水氏だ。清水氏は、元選手の立場からインタビュー対応について「レース前は余計な情報を入れたくない。接触はしたくない」などと分析。行く人によって対応が違うといい、「フィギュアスケート高橋大輔さんとわたしが行ったときの『女子力』が全然違う」と差があったことを明かした。、同番組でインタビューを受けた直後の女子パシュートメンバーは、藤ヶ谷と笑顔で記念撮影するなど終始上機嫌の様子だった。

この一連の様子を見た視聴者は、ツイッターに関連投稿を寄せた。

《それはわたしも突っ込んだ》
《さらに藤ヶ谷くんにテンションあがる女子選手にぼやく清水宏保さんが面白い》
《そりゃ、大ちゃんはイケメンだしそりゃ女子力上げまくるよ。当たり前じゃん》

清水氏の自虐に対して同調するなど、大いに沸いた。

また、《清水さん、大ちゃんのエピソードありがとう。おいしいネタ、ぜひあちこちで広めてください》と、久々の高橋氏の登場に興奮するファンもいた。

競技の先輩とアイドルに対しての態度が違うのは仕方がないことかもしれない。【画像】

(C)Sera57 / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.