くらし情報『上戸彩3年ぶりのドラマ出演で注目される「あの部分」』

上戸彩3年ぶりのドラマ出演で注目される「あの部分」

2018年3月6日 16:00
 

上戸彩3年ぶりのドラマ出演で注目される「あの部分」

(C)まいじつ

女優の上戸彩が3年ぶりにテレビドラマへ出演する。第1子出産後では初だ。

「上戸は2015年8月に女の子を出産し、翌年にはテレビのバラエティー番組などに仕事復帰しました。そのときの上戸があまりに痩せていたため、ファンのあいだで『激ヤセぶりがやば過ぎる』と話題になりましたが、2017年の映画『昼顔 劇場版』では見事な演技を披露し、心配は何もないという印象を与えました」(芸能記者)

今回、久々の出演となるドラマは、テレビ東京の春の開局記念と銘打たれた作品で、タイトルは『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』。3月30日に放送を予定している。上戸は主演の竹野内豊とともに連続誘拐殺人事件を追う新聞記者の藤瀬祐里を演じる。竹野内との共演は2010年放送の『流れ星』(フジテレビ系)以来、7年ぶりだ。

「上戸は昼顔の出演以降、演技派と呼ばれる役者を目指しています。主役ではなくても実力があると認めてほしいという思いがあるので、このドラマに臨むにあたってかなりの気合を入れています。出産直前の2015年春に出演したテレビ朝日のドラマ『アイムホーム』での評判がいまひとつだったということも影響しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.