くらし情報『矢口真里の「性欲」に共演者も視聴者も絶句』

矢口真里の「性欲」に共演者も視聴者も絶句

2018年3月7日 07:00
 

関連リンク

・プロサッカー選手 斉藤誠司、誕生日に亡き婚約者からの手紙が届く「幸せになってください」
・坂上忍、趣味を仕事に繋げる芸人に「ほんと、素直に尊敬っす」
・ドラマ『花のち晴れ』の小栗旬を再現するも「何かが違う。。。」
矢口真里の「性欲」に共演者も視聴者も絶句

(C)まいじつ

2月28日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、『モー娘。同窓会SP』と題し、『モーニング娘。』の元メンバーたちが出演した。

2期メンバーとして加入した矢口真里は、2005年に第3代リーダーに就任したが、直後に週刊誌報道で交際疑惑が発覚し、メンバーを脱退している。当時を振り返った矢口は「もともとアイドルじゃなかった。わたしは恋愛体質なんですよ」と告白。「本当にいまさらなんですが、恋愛第一体質なんですよ。我慢して我慢してきたんですよ」と、恋愛禁止ルールのためにものすごいストレスをため込んでいたという話を暴露した。

メンバーとしての活動中に「キスもしていないので、ウウッってなって…。そのときに恋人と出会ってしまって。すごく好きで…」と話すと、MCの中居正広も「チンパンジーかよ。チンパンジー娘だよ」と、あぜんとしながら言う以外できなかった。

「この矢口の発言はSNSでも《ファンを裏切るおろかな行為》、《チンパンジーというより女版の野獣だね》、《恐ろしい性欲。そりゃつんくも見切るわ》などと、批判的な書き込みが相次ぎました。ただでさえ、矢口は不倫報道と間男騒動で世間的な評判がよろしくない。またも炎上したのか、という印象です」(芸能関係者)

■ 「ちょっと前からチンパンジーです」

矢口は、あらためて中居から「チンパンジーだったの?」と質問されると「ちょっと前からチンパンジーですよ」と肯定してみせた。モー娘脱退の際も事務所に呼ばれ「別れるなら考えるって言われたけれど、『別れる気はさらさらありません。芸能界やめます』って」という経緯があったと開き直った。

「矢口に関しては、マスコミもモー娘在籍当時からマークしていましたが、彼氏との2ショットが撮れたとしても、男友達が多過ぎてどれが本命の彼氏か分からなくて、掲載を見送るという不思議なタレントでした」(週刊誌記者)

いまは“汚れキャラ”としての需要が矢口にあるようで、少しずつだがテレビに出演する機会も増えている。

「まあ、矢口の場合は自ら汚れても、少しずつ過去をばらしてバラエティー番組で切り売りする生き方をするしかないでしょう」(前出の芸能関係者)

悲しい生きざまだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.