くらし情報『バイキング炎上落語家が「負け惜しみ投稿」で再炎上』

バイキング炎上落語家が「負け惜しみ投稿」で再炎上

2018年3月8日 19:01
 

ツイッターへ貧困問題に関する投稿をして炎上騒動に発展した落語家の桂春蝶(かつら・しゅんちょう)が、3月1日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演し、司会の坂上忍やお笑いコンビ『フットボールアワー』と丁々発止のやり取りを繰り広げた。

番組で春蝶は自説を訴えるも、ほかの出演者から「下積み時代に苦労したってそれは自分で選んだ道やん」、「僕らは好きなことやってる上での下積みですからね、貧困とは違う」、「好きでやってることだから貧困とは違いますよね」、「つーかあんた二世でしょ」と一斉に反論を受けていた。

春蝶は出演後に次のようにツイッターへ投稿している。

バイキング、出演しました。
自分の伝えたい事は話せたと思います。
この国の生活保護がどれほど充実しているか。なのに不正受給があり、本当に行き着くべきところにお金が回らない状態。そこに警鐘を発せたと思います。
生活保護に年間3.8兆円…国民一人頭3万円以上支払ってる。
共助精神の国ですよ。 pic.twitter.com/N5kFgof5nQ

— 桂 春蝶 (@shunchoukatsura) March 1, 2018

https://platform.twitter.com/widgets.js

また、夜には番組での出来事を振り返った投稿もしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.