くらし情報『北朝鮮とは比べ物にならない「ロシアの核兵器」の脅威』

北朝鮮とは比べ物にならない「ロシアの核兵器」の脅威

2018年3月9日 17:30
 

(C)Frederic Legrand - COMEO / Shutterstock

(C)Shutterstock

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は3月1日、内政や外交政策について説明する年次教書演説を行い、核搭載型の無人潜水艦などの核兵器を開発していることを明らかにした。

プーチンは新たな核兵器開発について「アメリカ主導でヨーロッパや日本などに配備されようとしているグローバルな『ミサイル防衛(MD)システム』への報復策だ」と力説し、演説の最後は国民に向け「共に勝利しよう」と締めくくった。

ロシアは昨年11月に最新鋭の原子力潜水艦が進水している。ロシアメディアによると、静粛性や水中での機動性が大幅に向上し、アメリカの原潜を上回る“世界一の性能”を誇るという。搭載する16基の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の射程は8000キロメートル以上で、ロシア領海からでもワシントンなどアメリカの主要都市に到達する。超音速戦略爆撃機の改良型や新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の更新計画もある。

「2月上旬に東欧のリトアニアとポーランドに挟まれたロシアの飛び地であるカリーニングラードに、ロシア軍が核を搭載できる短距離弾道ミサイル『イスカンデル』が配備されたようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.