くらし情報『浜田雅功が再現できなかった「昔の名コント」失望の声』

2018年3月8日 11:30

浜田雅功が再現できなかった「昔の名コント」失望の声

浜田雅功が再現できなかった「昔の名コント」失望の声

(C)まいじつ

3月7日放送『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、浜田雅功が20年前のコントと同じような状況になったときに、当時と同じようなツッコミを見せることができるのかというドッキリ企画を仕掛けられた。

20年以上前に放送された『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)において、今田耕司扮する喫茶店のマスターが山下達郎の『クリスマスイブ』のCDをかけ、普通に曲が流れると思いきや、実際には今田が歌い始めることで、客の浜田が「お前が歌うんかい!」とツッコミを入れるという設定のコントがあった。

この日の放送では、このコントと同じシチュエーションが起きたときに、ツッコミ芸人であれば浜田と同じように「お前が歌うんかい!」と言えるはずだという仮説を立て、『FUJIWARA』の藤本敏史や『サンドウィッチマン』の伊達みきおなどで検証された。

■ 20年ぶりのツッコミは実現できず

成功と失敗の結果が半々となるなか、“Mr.お前が歌うんかい”と紹介された浜田にも、同じようにドッキリ企画が決行された。

番組の打ち合わせ中、本番で使用する曲を浜田に覚えてもらうためだという体裁で、『チェッカーズ』の『ギザギザハートの子守歌』を流してはじめたとき。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.