くらし情報『水原希子「国籍に対する思い」告白でハリウッド進出へ』

水原希子「国籍に対する思い」告白でハリウッド進出へ

2018年3月9日 19:30
 

水原希子「国籍に対する思い」告白でハリウッド進出へ

(C)まいじつ

3月7日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)にVTRで出演したモデルで女優の水原希子が、自身の国籍について語った。水原はアメリカ人の父と韓国人の母のハーフで生まれはアメリカであるため、アメリカ人ということになる。彼女はこれまで主にインターネット上で人種差別的な誹謗中傷を頻繁に受けてきた。

水原希子という芸名で、母親が韓国人。そのため『お前は日本人じゃないのに日本人ぶるな』と言われてきました。攻撃しているのは一部の人間ですが、水原の言動をいちいち見逃さずに粘着するという感じです」(芸能記者)

水原は2歳のときに来日して神戸で育った。この日の番組では自身のルーツについて「家に帰ったら白人のお父さんがいて、母は日本で育っているんですけど韓国人で、自分にとって子供のころからすごく、どう受けとめたらいいのか分からなくて、それで自分を隠すようなことをしてきてしまった。自分のバックグラウンドを受け入れられて、恥ずかしいと思っちゃっていた」と、負い目に感じていた時期もあったという。

「皆が一緒の方向を見なきゃいけないっていう暗黙のルールみたいな、なんで自分がそういうふうに感じてるのか分からないでそうなっちゃってるっていうことが、ある意味、一番怖くて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.