くらし情報『国民年金「未納救済制度終了」まであと180日!?』

国民年金「未納救済制度終了」まであと180日!?

2018年3月11日 10:30
 

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

国民年金の“未納・納付忘れ”はないだろうか。

国民年金は20歳以上60歳未満の人は原則として加入しなければならないが、未納の期間が長くなればなるほど、原則65歳から支給される『老齢基礎年金』の額が少なくなってしまう。

これまで未納となっていた期間を納付済みにできる『後納制度』という特例があったが、これはあくまでも時限措置として開始されていたもので、2018年9月30日をもって終了する可能性が高い。これから納付しようと思っている人は注意が必要だ。

「過去に何らかの理由で年金を納めることができなかった期間のある人は、将来、納付期間が不足して、年金を受給できなくなってしまう場合があります。後納制度は過去10年間に納め忘れた年金を納付することができる『10年後納制度』がありましたが、2015年9月30日で終了しました。現在の制度はそれに続くもので、2015年10月1日から2018年9月30日までの3年間に限り、過去5年分までを納めることができます。以前の制度よりも5年分期間が短縮されていることもあり、今回で後納制度は終了する可能性が高いといわれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.