くらし情報『吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな意見』

吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな意見

2018年3月12日 19:30
 

吉永小百合の映画集客行脚に「痛々しい…」辛らつな意見

(C)まいじつ

3月10日に女優の吉永小百合が主演する映画『北の桜守』の初日舞台挨拶に登壇した。本作は『北の零年』『北のカナリアたち』に続く“北の3部作”の最終章にあたり、吉永にとっても通算120本目の出演映画とあって、配給元の東映もプロモーションにかなり力を入れている。

実際、吉永は公開に先立って北海道から九州に至るまで、全国でキャンペーンを行っており、その総移動距離は約8900キロメートルにも及ぶという。また、ラジオやテレビをはじめ、約400の媒体からの取材にも応じたという。

しかし、そんな一大キャンペーンに対して、インターネット上では《72歳の大女優にそこまでさせるほど、内容に自信がないのか?》、《普段絶対出演しないような番組にまで顔を出して必死過ぎる》など、否定的な意見が広がっている。

「3部作の最終章であり、吉永出演120作目の映画ですから、東映もかなり宣伝に金をかけていますね。舞台挨拶やキャンペーンはよくあることですが、一方で、72歳の大女優に日本全国を回らせるのですから、裏を返せば興行収入に不安があるとも言えるでしょう。高齢者にとっては絶対的な人気を誇る女優ですから、地方のファンは大喜びでしょうが、それがどこまで動員につながるかは予断を許しません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.