くらし情報『安倍昭恵首相夫人は深刻な「ド忘れの人」である可能性』

安倍昭恵首相夫人は深刻な「ド忘れの人」である可能性

2018年3月14日 17:30
 

lingmu / PIXTA(ピクスタ)

lingmu / PIXTA(ピクスタ)

学校法人『森友学園』への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題を巡り、国会は議論が紛糾している。当時の財務省理財局局長の佐川宣寿国税庁長官が引責辞任をし、学園を担当していた近畿財務局の職員は自殺に至っている。

安倍晋三首相は「行政全体の信頼を揺るがしかねない事態であり、行政の長として責任を痛感している。国民に深くおわびする」と陳謝し、麻生太郎財務相に対して「全容解明の責任を果たしてもらいたい。すべてが明らかになった段階で信頼回復に向けて、組織を立て直すために全力を挙げて取り組んでもらいたい」と語った。だが、公開された文書の書き換え部分に安倍昭恵首相夫人と学園側とのやり取りに関する記載があり、問題発覚当時から安倍首相は「もし、わたしたち夫婦がこの問題に関わっていたら、総理も議員も辞める」と発言していた。

この件で野党は問題を追及。立憲民主党の枝野幸男代表は「到底、看過しえない話で、書き換えの理由や、誰が指示したのかなどについて、ひとつひとつ細かく丁寧に厳しく問いただしていかなければならない。国会に報告された資料が変造されたり、国会で繰り返し行われていた説明が事実と異なっていたりということが1年間続いてきたということは、安倍政権の問題を超え、議会制民主主義そのものが問われている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.