くらし情報『元AKB48・高城亜樹「過激写真集出版」は秒読みか』

元AKB48・高城亜樹「過激写真集出版」は秒読みか

2018年3月25日 21:00
 

関連リンク

・女子アナ・赤江珠緒が実践! あえて間を取る「大人の会話術」
・『西郷どん』特別塗装機が国内線に就航 鈴木亮平「感動します」
・薬丸裕英「一家離散状態の生活」について真相を語る

(C)まいじつ

元『AKB48』の高城亜樹が3月12日発売の写真週刊誌『フラッシュ』でセミヌードを披露し、反響を呼んでいる。今後はより過激なヌード写真集の出版も予想されている。

高城は2016年1月にAKB48を卒業。AKB在籍時は総選挙でベスト10に入ることはなかったものの、常に10位台をキープし、AKBのなかでも知名度が高い存在だった。

「男っぽい強気な性格で、アイドルらしくない独自のキャラクターが評価されていました。ただし男性関係が派手で、所属していた芸能プロダクションを解雇に近い形で退社するということを繰り返しています。集団ルールに従わない性格だとして一部では有名でした」(AKBライター)

AKB時代は恋愛禁止というルールがありながら、ファンの大学生と交際したり、プロ野球選手との合コンしたり、Jリーグのコーチとの外泊が発覚するなど、スキャンダルには事欠かなかった。

■ AKB卒業後は迷走を繰り返し…

「一時期、『JKT48』(ジャカルタ48)のメンバーとしても活動していましたが、ここでも素行に問題があったのか、契約を解除されています。AKBからの卒業にしても、実際には解雇同然だったといいます」(同・ライター)

高城はAKBからの卒業後にユーチューバーになると宣言していた。

「どれほど稼げる目算があったのか分かりませんが、有名ドーナツ店で全ドーナツ18個を買い、その感想を言う動画をYouTubeに投稿していました。しかし、動画の内容はひと口食べて感想を言うだけという、誰だってできるようなものでした。そのため、彼女のユーチューバー宣言は失笑されていたのです」(ネットライター)

現在は新たに芸能事務所に所属し直し、活動を模索している。

「ユーチューバーの失敗後、週刊誌でセミヌードを掲載するようになり、どんどん露出が過激になってきています。本人は写真集を出す意欲があり、その内容はセミヌード以上もあり得そうです」(男性誌編集者)

昔からのファンは迷走ぶりに複雑な心境かもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.