くらし情報『スポーツ中継サービス「DAZN」加入者大幅増の裏事情』

スポーツ中継サービス「DAZN」加入者大幅増の裏事情

2018年3月27日 10:31
 

(C)Vadim Georgiev / Shutterstock

(C)Shutterstock

NTTドコモのストリーミングサービス『DAZN for docomo』の会員数が100万人を突破したと発表した。2017年2月のサービス開始から、約1年1カ月で大台を突破したことになり、その堅調ぶりをアピールしている。

DAZNはスポーツ専門の動画配信サービスで、2017年からJリーグの中継権を独占したことで話題になった。だが、サービス開始当初はタイムラグが大きいことや、動画がカクカクすること、画質がすぐに悪くなって中継が止まってしまう、予定されていた試合が直前になって配信されないなど、多くの問題が発生し、加入者数が伸び悩んでいた。しかしその後、運営会社のパフォームがNTTドコモとの業務提携を発表。ドコモユーザーであれば月額1750円(税抜)が980円(税抜)になることが加入者の増加を後押しし、画質と動画再生の安定性が向上したため、ドコモユーザーだけで100万人に達した。

「パフォームはドコモと契約料をレベニューシェア(利益分配)しているので、ドコモユーザーの支払った980円すべてが売上になるわけではありません。ですが、ドコモを経由して加入者数が増加したわけですから、提携は成功といえるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.