くらし情報『松本人志が寛大アピールでデーモン閣下の「メンツ潰し」批判殺到』

2018年3月26日 21:00

松本人志が寛大アピールでデーモン閣下の「メンツ潰し」批判殺到

松本人志が寛大アピールでデーモン閣下の「メンツ潰し」批判殺到

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月25日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ミュージシャンのデーモン閣下を巡る肖像の無断使用問題が取り上げられた。

デーモン閣下は3月15日のブログで、2月28日に放送されたNHK Eテレ『ねこねこ日本史』に登場したキャラクター『デーモン風高杉』について、《吾輩の肖像が吾輩に何のことわりもなく使用されているようだ。》と指摘。そして《不快である。心身の損害を被っている。》として同局に対し《某公共放送からの組織としての誠実な対応を求むしかない。》と述べていた。

メインコメンテーターの松本人志は「『扱われる側のタレントは広い心でオーケーにしてるんですよ』というのを、作り手側がちょっと意識してくれたらいいなっていう問題なんですよ。ひと言『すみません』ってあれば、多分全然いいのに、当たり前みたいにやられてあいさつも何もなく、なんやったら『オイシイでしょ?』っていう感じがあると、それはやっぱりちょっとイラッとするかな。そういう輩のスタッフもいますしね」と語り、またこの日のゲストの武田鉄矢は自身が演じた『金八先生』に似せたキャラクターが、それこそさまざまな場面で使われていることに触れ、「肖像権とか文章の権利とか歌の権利とか、あれ言い始めるときりがなくて、話が暗くなるから嫌い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.