くらし情報『4月スタートのドラマで注目すべきは「深夜枠」』

2018年4月1日 21:00

4月スタートのドラマで注目すべきは「深夜枠」

(C)Srdjan Fot / Shutterstock

(C)Shutterstock

4月からの各テレビ局の連続ドラマがスタートする。1~3月のドラマでは、TBS系列で放送された『99.9-刑事専門弁護士- SEASON2』が全話平均視聴率17.4%でトップに輝いたが、一方で、フジテレビの『海月姫』の同6.1%や、日本テレビの『anone』の同6.1%のように、低視聴率に終わるドラマも数多かった。

全体的にテレビドラマの視聴率は低迷傾向にあるが、各局とも人気俳優をキャスティングしてヒットを狙ってはいるものの、実際は軒並み撃沈しているのが現状だ。

そんななかで、ドラマ好きからにわかに注目されているのが“深夜枠”のドラマだ。

「もともと、深夜枠の連続ドラマはスポンサーの影響を受けにくく、お色気シーンが多かったり、実験的な演出などでスマッシュヒットを飛ばす作品が多かったんです。2010年7月にテレビ東京の『ドラマ24』枠で放送された森山未來主演の『モテキ』などは、作中の楽曲に1980年代の音楽が多数使用され、音楽好きからも支持を得て大ヒットし、その後に映画化もされました。最近では深夜枠でも有名俳優をキャスティングするなど、各テレビ局ともかなり力を入れてきています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.