くらし情報『近い将来「中国マネー」が世界通貨になる危険性』

2018年4月2日 10:30

近い将来「中国マネー」が世界通貨になる危険性

(C)My Life Graphic / Shutterstock

(C)Shutterstock

中国の反体制メディア『大紀元』に、中国の海外進出に対して警告を発する記事が掲載されている。いわゆる“赤いカネ(中国マネー)”問題だ。

特にアフリカはその赤いカネが大量にバラまかれ、“アフリカは第2の中国”という言葉すら聞かれるほどになってしまったという。その後は、中南米やオーストラリア、台湾すらその毒牙にかかりつつある。

産油国であり鉱物資源も豊富なスーダンの場合、原油開発は中国企業に完全に乗っ取られている。

「中国国営企業の背後には中国共産党が控えていることを押さえておかなければなりません。ドイツでは2月に安全保障会議がおこなわれた際、当時の外務大臣だったジグマール・ガブリエル氏が『中国は世界で唯一、グローバルな戦略に基づいて“駒”を動かしている国家だ』と発言し、赤いカネの影響力がヨーロッパにまで及んでいることに警告を発しています」(国際ジャーナリスト)

■ 赤いカネの毒牙にかかった国々

中国はエチオピアの首都であるアディスアベバにアフリカ連盟(AU)の本部を建築し、その建物をAUに贈呈している。

「フランスのメディアによると、AU本部のコンピューターは北京につながっているそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.