くらし情報『国民のためにならない「政策論争なき政局」森友学園問題』

国民のためにならない「政策論争なき政局」森友学園問題

2018年3月30日 17:30
 

関連リンク

・日本置き去りの「東南アジア情勢」ベトナムとロシア中心に急変化
・尼神インター誠子、生花を頭に飾り大変身 「ほんこん」から「道重さゆみ」へ
・【インタビュー】井上真央「より直感的に」女優としての新たな発見
(C)Niyazz / Shutterstock

(C)Shutterstock

韓国・朴槿恵(パク・クネ)前大統領の友人である崔順実(チェ・スンシル)が、青瓦台(大統領官邸)内に執務室を持ち、官僚らに指示を出していたというのが『崔順実ゲート事件』で、これになぞらえられるのが日本の森友学園にまつわる問題、つまりは『安倍昭恵ゲート事件』だ。

「総理大臣の官舎である首相公邸は、長く昭恵氏の来客用として使われており、安倍晋三内閣は昭恵氏を“私人”だと閣議決定で断言していますが、官僚を秘書として使っているなど公費を使っている人間を私人だというのは無理があります。3月23日に、野党議員が大阪拘置所に約8カ月間勾留されている森友学園前理事長の籠池泰典被告と接見し、昭恵夫人とのやり取りを明かした籠池被告の証言を引き出しました。さらに、財務省がまだ開示していない“相談メモ”には、夫人の名前が記されているとみられており、夫人の証人喚問は、もはや不可避な情勢です」(政治ジャーナリスト)

崔順実ゲート事件が朴右派政権打倒に手詰まりだった韓国左派にとって“もっけの幸い”となったように、日本でも安倍一極政治により「改憲阻止」に手詰まり感があったリベラルを騙った左派陣営にとって、森友学園問題を安倍昭恵ゲート事件へと持っていけたことは大成功だと言えるだろう。

■ 無責任なクーデター

崔順実は、韓国では身分の低いムーダン(シャーマン=祈祷師)であり、その娘が難関の梨花女子大に裏口入学していたことに、就職と受験戦争に苦しむ韓国の若者の怒りは頂点に達したのです。ですから韓国の右派系ジャーナリストは、『崔順実ゲート事件というのは、民心をかさに着た左派と権力の向背に敏感な検察、無責任なメディアの野合によるクーデターだ』と嘆いているくらいです。昭恵氏への執念深い追及は、韓国の政変と同じ構造を感じます」(保守系の政治評論家)

そもそも森友学園問題の最大の違和感は、韓国と同種の“野合”だ。社民党の福島瑞穂議員、自由党の森裕子議員、共産党の小池晃議員が籠池邸へ“調査”に赴き、籠池氏と一緒に会見したことを思い出してほしい。

「この場で福島氏は、『(教育勅語礼賛などを含む)右派の学校ができるのを止めたいからやっている』との持論を述べています。要するに右派を装っていた籠池氏側のサバイバル戦略と結託して、安倍政権を左右から挟撃する意志をはっきり示したわけです」(同・評論家)
受け皿のないなかでの左翼野合による倒閣、政策論争なき政局というのは、無責任極まる。これでは国民のためにならない。

【画像】

(C)Niyazz / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.