くらし情報『本田圭祐「W杯メンバー入り黄信号」で契約スポンサー右往左往』

本田圭祐「W杯メンバー入り黄信号」で契約スポンサー右往左往

2018年3月29日 16:00
 

(C)feelphoto / Shutterstock

(C)Shutterstock

3月27日にサッカー日本代表がベルギー・リエージュで行われた国際親善試合でウクライナ代表と対戦し、0-1で敗れた。約半年ぶりに先発出場を果たした本田圭佑に注目が集まったが、得点とアシストは記録できずに後半19分に交代で退いている。

スコアが1-1の状況で、本田は久保裕也と代わってピッチを後にした。「個人的にはもちろん満足できないですけど、もうちょっとやりたかった」と、悔しさを抱えながらベンチ前で出迎えたバヒド・ハリルホジッチ監督らスタッフ、ベンチにいた選手らと手を合わせていた。

本田は日本代表で昨年9月5日のロシアワールドカップ(W杯)のアジア最終予選、サウジアラビア戦(ジッダ)以来の先発出場だった。国際Aマッチの出場試合数を93に伸ばし、今野泰幸と並んで歴代9位としたものの、決定的な仕事をするには至らなかった。23日に行われたマリ戦と2戦合計84分の出場で、W杯メンバー23選手の座を決定的なものにすることはできず、逆に黄信号がともった。

前半、相手がサイドを中心に積極的に攻めていただけに、後半は運動量が落ちると予想。「最初の布石が後半より生きてくる場面での交代だった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.