くらし情報『「そだねー」商標登録騒動の顛末』

2018年3月29日 21:00

「そだねー」商標登録騒動の顛末

CORA / PIXTA(ピクスタ)

CORA / PIXTA(ピクスタ)

平昌五輪のカーリング女子日本代表『LS北見』の選手たちが口にした「そだねー」が、閉幕しても話題だ。流行語大賞にノミネートされるのは確実で、この「そだねー」がカーリングとは無関係な企業により商標登録申請され、波紋を呼んだ。申請をしたのは『マルセイバターサンド』などを製造している北海道の菓子メーカー『六花亭製菓』だ。

このことが明らかにされると、インターネット上では批判的な投稿が相次いだ。これを受けて六花亭製菓は、3月22日に自社ホームページで『「そだねー」商標登録申請について』という文書を掲載した。そのなかでは以下のような説明がなされている。

《弊社では、北海道のおやつとして親しんでいただきたいという思いから、「めんこい」大平原、「なんもなんも」を始めとした北海道の方言を製品名として使用させていただいてお
ります。この度も同様に、愛着ある言葉として使わせていただきたく、申請させていただきました。
商標制度の特性上、独占という印象は避けにくいのですが、弊社で申請中の商標「北加伊道」は、他社様からご利用の申し出をいただき、ぜひお使いくださいと、先日ちょうどお返事させていただいたところでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.