くらし情報『デーモン閣下「無断転載ガイドライン」細かに示される』

2018年3月29日 19:01

デーモン閣下「無断転載ガイドライン」細かに示される

デーモン閣下「無断転載ガイドライン」細かに示される

(C)まいじつ

ミュージシャンのデーモン閣下が3月28日に自身のブログを更新し、NHKデーモン閣下に類似したキャラクターを勝手に登場させた件で謝罪を受けたと報告した。

NHKは27日、問題となった『ねこねこ日本史』の番組公式サイトに以下のような謝罪文を掲載している。

《2018年2月28日にEテレにて放送された番組「ねこねこ日本史」第64話において、高杉晋作のキャラクターが、デーモン閣下を直接的に意識させる顔の模様及び扮装をして西洋諸国との条約締結交渉に臨み、大音量でロックを奏でて交渉をまとめるという表現がとられていました。本来であれば、同キャラクターに上記顔の模様及び扮装を施した上で登場させること及び演出方法について丁寧に相談等しながら進めるべきところ、これを欠いたことにより、デーモン閣下、関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしました。
皆様に深くお詫び申し上げると共に、今後このようなことが無いよう、一層留意してまいります。》

■ 名前についても言及

デーモン閣下ブログで、「子供向けの番組なのに大人げない」などの意見があったことにも触れ、《今後のために吾輩の認識をガイドラインとして説明しておきたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.