くらし情報『相撲協会問題をめぐって横野レイコと古市憲寿が舌戦』

相撲協会問題をめぐって横野レイコと古市憲寿が舌戦

2018年3月29日 16:00
 

chombosan / PIXTA(ピクスタ)

画像はイメージです chombosan / PIXTA(ピクスタ)

3月29日にフジテレビ系列で放送された『とくダネ!』で、前日28日に行われた日本相撲協会の臨時年寄総会について特集が組まれた。これまで内閣府に告発状を送るなどしながら、自身の部屋で暴力問題が起こった貴乃花親方について、疑問や不満を持つほかの親方衆から厳しい意見が飛び出したことなどが報じられた。

ニュース解説はフジテレビ相撲専属レポーターの横野レイコ氏で、まず「何となく昨日の年寄総会が、寄ってたかって貴乃花親方をいじめているみたいに映ると思うんです。でも、実はそうではなくて、11月の日馬富士問題から協会のバッシングは、貴乃花親方に、なかの声ですけど、むしろおれたちが虐められているんだという声もあって、僕たちに言わないでなぜメディアの力を利用して言うんだという不満が高まって今回の臨時総会になった」と説明した。

ゲストコメンテーターで社会学者の古市憲寿氏が「相撲協会がずっといい組織だったらいいですけど、これまでも八百長事件や暴行事件などたくさんあった。それに対して、貴乃花親方は何らかの改革をしようと思ったのは本当だと思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.