くらし情報『舞祭組「大御所・武田鉄矢とのコラボ」で犯した大失敗』

舞祭組「大御所・武田鉄矢とのコラボ」で犯した大失敗

2018年3月30日 15:01
 

関連リンク

・松田翔太&秋元梢、結婚発表「私共の両親の様に」 ファンも祝福
・森口博子、高橋克典と偶然の再会「お互い、ずっと褒め合っていました」
・“AKB最年長”柏木由紀、下着ブランドアンバサダー就任「女性に見てほしい」

(C)まいじつ

3月29日放送の音楽番組『UTAGE! 春のリクエスト祭り』(TBS系)に出演したアイドルユニット『舞祭組(ぶさいく)』が、歌詞を間違えるというミスを犯し、一部から批判が寄せられている。

さまざまな歌手が名曲をカバーするこの番組。今回は「春の名曲を歌って欲しい」というリクエストに応え、舞祭組が武田鉄矢の名曲『贈る言葉』を歌うことになった。しかし、メンバーのひとりが歌詞を間違えてしまい、さらにはいまひとつ曲が声の音域と合わなかったからか、ところどころで音程が外れる場面も見受けられた。

途中からは武田本人と一緒に歌うことになっており、武田はこの状況を見かねたのか、音楽の先生のように、ひと足先に舞祭組をガイドするように歌っていた。

■ 緊張したから?それとも練習不足?

この武田のフォローに対し、ツイッターでは《舞祭組の1人が贈る言葉の歌詞間違えたから途中からフォローを入れる武田鉄矢……さすが金八先生》などと好意的に見るツイートもあった。

しかし、本人を目の前にして歌詞を間違えるのは失礼ではないかという意見が多く寄せられていた。

《歌詞先に言いながら歌ってたやつ、あれ相当怒ってるな。大先輩とコラボして目の前で歌詞間違えとかヤバいだろ》
《歌詞間違えたのそれだけでヒエってなったのに、そっから武田鉄矢が歌詞いちいち言いながら歌うから、もうこれ完全怒らせたやろ……ってこっちがヒヤヒヤしながら見てた》
《舞祭組、後で武田鉄矢に怒られるんじゃない?練習不足で贈る言葉の音程と歌詞の間違いだらけでほぼ放送事故だった》

『贈る言葉』はかつての人気ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の主題歌で、近藤真彦風間俊介増田貴久など、舞祭組の先輩であるジャニーズ事務所所属のタレントが多数出演してきた、いわば伝説の番組。

それだけにかなりの緊張のために起こった失敗かもしれないが、これらは練習不足が原因とも取られかねないものだった。大先輩を目の前にして、失礼な出来映えになってしまったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.