くらし情報『「たけし軍団VSオフィス北野」仲裁人に東国原英夫の名が挙がる』

2018年4月3日 10:30

「たけし軍団VSオフィス北野」仲裁人に東国原英夫の名が挙がる

「たけし軍団VSオフィス北野」仲裁人に東国原英夫の名が挙がる

(C)まいじつ

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が4月2日のフジテレビ『バイキング』に出演し、師匠であるビートたけしの独立について言及した。

古巣のたけし軍団の一部が、連名で独立に至った経緯を暴露した件について東国原は、「ビジネスパートナーの主導ではないですよ、オフィス北野内での問題だったという事実関係を明らかにする意図があったのでは」と、なぜこの時期に軍団が行動を起こしたのかについて分析した。

番組では、たけし独立に伴うたけし軍団の声明発表の騒動について議論。たけしが多くの仕事をこなしているにもかかわらず、事務所が赤字に転落したと触れていることに、東国原は「赤字は現実的ではないと疑ってしまう」と疑問を呈し、事務所残留を明かしている水道橋博士らがあえて声明文を出し、会社側に反旗を翻したことに「森さん(森昌行社長)は、何回か裏切り行為あっても反省しているとのことで、出直そうじゃないかと。まあ、たけし軍団イズムなんですかねえ」と語った。

さらに続けて「たけし軍団も、ここまで森社長を糾弾するのであれば、法的措置も考えるべきだったのでは。背任とか損害賠償とか…、ということは思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.