くらし情報『フジテレビ内で起こる「大谷翔平争奪戦」三つ巴の争い』

フジテレビ内で起こる「大谷翔平争奪戦」三つ巴の争い

2018年4月6日 16:00
 

関連リンク

・天使たちの入浴ショットの惚れ惚れ エリカ・林ゆめ・農海姫夏「MFGエンジェルス」再臨
・グラビアからモデルデビューしたアンジェラ芽衣、ホームのグラビアでも魅了
・DIR EN GREY、新曲に大物エンジニア起用 全世界マーケットを重視

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

日本時間4月2日にロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がMLBデビュー戦で初勝利を挙げた。

全米が注目する存在になった大谷を巡って、いまフジテレビ内で“争奪戦”が激化している。2012年入社の宮澤智アナウンサー、2015年入社の宮司愛海アナ、2017年入社の久慈暁子アナが三つ巴の争いに突入したという。

「3月31日の開幕戦に打者として出場した大谷は、第1打席でライト前にヒットを打ちました。その翌日、宮澤アナは担当番組『めざましテレビ アクア』で『大谷選手がやりました~!』と大はしゃぎでそのニュースを伝えていました。彼女は大谷のことを高校時代から取材していて、大谷に会った回数ならキー局の女子アナで一番多いでしょう」(テレビ雑誌編集者)

早朝のめざましテレビ アクアに続いて放送される『めざましテレビ』には、大谷と同じ岩手県奥州市の出身の久慈アナが出演している。久慈アナは大学時代に奥州市長を囲んで大谷と対談したこともある。

「久慈アナは番組内で『久慈スポ』というスポーツコーナーを持ち、今年から国内野球の試合の取材を担当しています。平昌五輪でもレポーターを務めていました。大谷とも面識があるので、宮澤アナの最大のライバルになるはずです」(同・編集者)

■ 伏兵「宮司アナ」の存在

宮澤アナは、局に無許可で取材を行うなど仕事ぶりに問題があり、今年3月でスポーツ担当ではなくなると見られていたが、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大を取材するなどスポーツ担当は継続している。

一方で宮司アナは4月1日から土曜日と日曜日のスポーツニュース番組『S-PARK』のMCになった。

「巨人対阪神の東京ドームでの開幕戦に取材で来ていました。地味なブレザーに黒っぽいパンツ姿で高橋、金本両監督にあいさつしているところを見かけました。以前、ヒールにミニスカで取材に来た女子アナがいて問題になったのですが、宮司アナは非常にまともな印象でした。今後は大谷の取材にも派遣されるでしょうし、大谷を狙っている宮澤アナと久慈アナにとって“思わぬ伏兵”が出現したといえそうです」(スポーツ紙記者)

同じ局内での“つぶし合い”も起こりそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.