くらし情報『バカリズム「向田邦子賞受賞」で良かったことと悪かったこと』

バカリズム「向田邦子賞受賞」で良かったことと悪かったこと

2018年4月5日 21:00
 

バカリズム「向田邦子賞受賞」で良かったことと悪かったこと

(C)まいじつ

優れた脚本作家を顕彰する『第36回向田邦子賞』に、お笑いタレントのバカリズムが選ばれた。受賞作は、バカリズムがOLになりきって架空の日常をつづったブログ『架空升野日記』を書籍化、それを映像化して昨年4月から6月にかけて読売テレビで放送された深夜ドラマ『架空OL日記』だ。

向田邦子賞』は、故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績を称え、現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に送られる賞として1982年に制定された。前年度に放送されたテレビドラマを対象に選考委員がノミネート作品を選定し、本選を含めて4回の討議を経て受賞作品を決定している。選考委員による今回の『架空OL日記』の授賞理由は以下の通りだ。

《「架空OL日記」は、OL達の私的な会話をスケッチしたセリフ劇である。更衣室の壊れたハロゲンヒーターについて、連句風にえんえんと続くOL達の会話は実に無意味でリアルで可笑しさに溢れている。しかし、リアリティに満ちた彼女達の会話はすべて虚構であるという作者の嘯きが題名の「架空」という文字から見えてくる。この見事に作られたセリフ群が示す才気に対し向田邦子賞を贈る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.