くらし情報『西内まりや「事実上のクビ」所属先なく自然消滅へ』

西内まりや「事実上のクビ」所属先なく自然消滅へ

2018年4月6日 10:30
 

西内まりや「事実上のクビ」所属先なく自然消滅へ

(C)まいじつ

ファッション雑誌の専属モデルから始まり、歌手、女優としてシンデレラストーリーを駆け上がってきた西内まりや。わずか1年前にフジテレビの“月9”ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の主役に抜擢された彼女が、3月31日をもって所属事務所を事実上“クビ”になっていたことが分かった。

きっかけは昨年10月上旬に起きた事件だ。歌手活動に専念したい西内と、モデルや女優としての活動を期待する所属芸能事務所とのあいだで言い争いになり、西内が事務所社長にビンタを食らわせたと報じられた。この報道を西内は否定したが、事務所との確執が明るみになってしまった。

その後、双方の折り合いがうまく付かず、ほぼ活動休止状態が続いていた西内。このたび事務所のホームページから名前が消えたことで、退所が確実なものとなった。事務所側は、契約期間の終了および契約更新しない旨を理由としている。

4月4日現在、西内のブログツイッターは残っているが、いずれも更新が止まっており、退所や今後についてのコメントは発表されていない。

■ しばらくはフリーで活動へ

「ある演劇プロデューサーが西内のマネジメントを買って出ていると噂されています。かなり口がうまく、人を乗せるのも上手ですが、いかんせんタレントが長く居着かないことで有名な人物です。また揉めるのではないかと周囲に心配されています」(芸能関係者)

そんな周囲の心配をよそに、西内は体を鍛えたりボイストレーニングにも余念がないという。

「西内は集中すると周りが見えなくなるタイプ。視聴率が取れず『大失敗』と陰口された“月9”の収録が終わったあたりから、ふさぎ込むことが多くなったという証言もあります。いずれにしても喜怒哀楽が激しい女性です」(芸能記者)

SNSでは西内のことを心配する投稿が相次いでいる。

《せっかく踊れて歌える才能があるのですから頑張ってほしい》
《また元気なライブを見たい》
《もう一度女優として復活してくれないかな》
《セクシーで健康的なまりやさんの復活を望みます》

しかし一方では、《わがままも大概にした方がいい》、《売れっ子と勘違いしているのではないでしょうか》などの批判的な書き込みもある。

「西内本人は芸能活動を続けていきたいと強く願っているようなので、しばらくはフリーとして活動するでしょう。ですが、性格の悪さが知れ渡ってしまった彼女にオファーするところは、少なくともテレビ業界ではありません。西内が所属していた芸能事務所は大手ですから、揉めたくないでしょうし。このまま自然消滅のような形での引退は間違いないでしょう」(別の芸能関係者)

シンデレラの魔法は解けてしまったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.