くらし情報『「不倫がバレて脅迫された!」賠償金はいくらに?』

「不倫がバレて脅迫された!」賠償金はいくらに?

2018年4月9日 10:30
 

(C)PhotoMediaGroup / Shutterstock

(C)Shutterstock

4月2日、多くの企業が新入社員を迎え入れた。若い新人が新たな部下に加わった人も多いだろう。だが、社内での“火遊び”にはくれぐれも注意だ。不倫が社内にバレると立場を危うくしかねないのはもちろんのこと、最近は特にSNSなどでの誹謗中傷、あるいは脅迫なども少なくないという。

都内の商社に勤務するAさんはこう話す。

「20代の部下と不倫していて、その事実がSNSで広まってしまいました。彼女との関係は清算しましたが、その後も『奥さんにバラすぞ』というような脅迫まがいのメールが届くようになりました。不安で仕事が手に付きません」

どんな理由があろうと、脅迫メールは犯罪だ。東京都内の弁護士B氏は「内容が名誉や名誉感情を侵害するものであれば慰謝料を請求することができる」と解説する。それにはまず、メールの送り主を特定しなければならない。

「慰謝料請求は可能ですが、単に『奥さんにバラすぞ』と書かれただけで実際に慰謝料を取れるかというと、ちょっと微妙です。慰謝料を取るためには、繰り返しメールされたり、具体的に害悪を告知されたり、悪質な脅迫によって精神的苦痛を受けたといえる状況が必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.