くらし情報『東国原英夫「内紛騒動の元凶は水道橋博士」と断言』

東国原英夫「内紛騒動の元凶は水道橋博士」と断言

2018年4月5日 16:00
 

関連リンク

・【沖縄国際映画祭】黒木メイサ、『タイタニック』で船首がトラウマに ラブシーンも直視できず
・葵わかな『わろてんか』に呼ばれた 久しぶりの大阪「胸がキュっとなった」
・ミリー・ボビー・ブラウン、タイム誌の「最も影響力ある100人」に最年少で選出

(C)まいじつ

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が、4月4日にTBS系列で放送された『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』に出演し、ビートたけしの独立に端を発したオフィス北野の内紛騒動について、所属する『浅草キッド』の水道橋博士が“元凶”ではないかという疑いの目を向けた。

東国原は「博士が仕掛けたと、僕は個人的に思っている。一番得したのは博士ですから。あいつYouTube始めたらしいんですよ、最近。そのポイントを上げるためにこれをやってるんじゃないか」と推測した。今回の騒動について水道橋博士にインタビューした石井亮次アナウンサーも「確かにYouTubeの閲覧数がブワーッと上がった、とはおっしゃってました」と証言した。

■ 「やっぱりあいつが火元だな」

番組では水道橋博士のインタビューも放送され、「オフィス北野に残留する理由は森社長の残務処理がありますからね。それを済ませていただかないと。残務処理が終われば退所。そうなるんじゃないですか。このしこりのままやっていけるのかなっていう気持ちもありますから」と語っていた。

これを見た東国原は「こいつは『今年これで上半期のライブのネタをがっつり確保したぞ』と思っている」とコメント。水道橋博士がたけしから「お前は芸人なんだから、世の中を騒がすようなことを大いにやってくれと言われた。それがたけしイズム」と話したことについて、「やっぱりあいつが火元だな。あいつだったな」と断定した。

「ただ、世間の意見は『この騒動はつまらない』、『視聴者そっちのけのお家騒動だ』、『早く誰か落としどころを探ってほしい』とうんざりしたというのがほとんどです。オフィス北野の騒動を扱うバラエティー系報道番組にも『もう見たくない』という声が殺到しています」(芸能関係者)

芸人はネタのおもしろさや質で勝負すべきだろう。東国原が言うように、これが“炎上ネタ”であるとすれば、このやり方は賛否を呼ぶかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.