くらし情報『アニメを芸術にした巨匠・高畑勲監督の「未完成作品構想」』

アニメを芸術にした巨匠・高畑勲監督の「未完成作品構想」

2018年4月6日 19:00
 

Tailsnake / PIXTA(ピクスタ)

Tailsnake / PIXTA(ピクスタ)

宮崎駿監督と並ぶ日本アニメーション界の巨匠で、テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』や映画『火垂るの墓』などを手掛けた映画監督高畑勲氏が4月5日、肺がんのため東京都内の病院で亡くなった。

「作品に没頭すると、寝食を忘れて会社にずっと泊まり込むほどの高畑監督は、昨年の夏ごろに体調を崩し、その後、入退院を繰り返していました。心臓が悪かったという話もあります。何事も突き詰める芸術家タイプで“採算を取る”というような計算をするクリエイターではなかったです。残した作品は、どれも海外で高い評価を受けています」(アニメ雑誌ライター)

高畑監督は東京大学卒業後の1959年に入社した東映動画(現・東映アニメーション)で宮崎駿監督と出会い、アニメ制作会社をともに移籍しながら、1970年代には前述の『アルプスの少女ハイジ』や『赤毛のアン』などで、アニメにおける映画的演出を確立した。1985年に宮崎監督らと『スタジオジブリ』を設立。大ヒット作を次々と世に送り出した。

徹底した取材によるリアルで自然な世界観に加え、「想像力が羽ばたく余地が生まれてこそアニメ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.