くらし情報『「毎日罵倒合戦」泥沼問題化したオフィス北野社長VSたけし軍団』

「毎日罵倒合戦」泥沼問題化したオフィス北野社長VSたけし軍団

2018年4月6日 21:00
 

(C)Ollyy / Shutterstock

(C)Shutterstock

芸能事務所『オフィス北野』の森昌行社長が4月5日発売の『週刊新潮』(4月12日号)で、たけし軍団がビートたけしの退社の経緯や森社長の経営手法への批判をつづった声明文に対し反論、「これ以上誹謗中傷を繰り返すようであれば、法的措置を考えざるを得ない事態になってしまうかも。残念で寂しい」と語った。

問題の声明文は、4月1日にオフィス北野所属の軍団メンバー、つまみ枝豆、ダンカン、グレート義太夫水道橋博士らのブログに掲載され、そこには、たけしに相談なく森社長が筆頭株主になったこと、役員報酬や従業員の給与が高過ぎるなどの批判がつづられていた。

森社長は週刊新潮誌上で、筆頭株主になったのは26年前で、それに伴う社長就任もたけしに報告したとし、役員報酬は法外に高いわけではないなどと説明。いずれも4年前にたけしや軍団には話しており、解決したと考えていたという。

■ 反論に対する反論の繰り返し

これに対し、たけし軍団が再び反論した。今年2月に行われた話し合いについて森社長が「恫喝に近い強いプレッシャーを感じた」としたことに、ダンカンはフジテレビの『ノンストップ!』のインタビューで「恫喝はしていない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.