くらし情報『やくみつる「以前から指摘」相撲の女人禁制問題に語気強める』

やくみつる「以前から指摘」相撲の女人禁制問題に語気強める

2018年4月6日 19:30
 

denkei / PIXTA(ピクスタ)

denkei / PIXTA(ピクスタ)

4月5日に日本テレビ系列で放送された『情報ライブ ミヤネ屋』に、日本相撲協会の元外部委員でもある漫画家のやくみつる氏がコメンテーターとして出演した。京都府舞鶴市で4日におこなわれた大相撲春巡業で、土俵上であいさつをしていた多々見良三舞鶴市長が突然倒れ、救命処置をしていた女性に対し、行司が「土俵から下りて」とアナウンスをしていた件で「本当にすみません。わたしが謝ることではないんですが…」と頭を下げた。

やく氏は2000年から2004年にかけて、当時の太田房江大阪府知事が知事賞を授与する際、5回にわたって土俵に上がることを拒否された例を挙げ、「ふたつ問題があって。ひとつは何でもマニュアル至上主義であること。もうひとつが相変わらずの女人禁制の考え。太田知事の問題の際もわたしは、とっとと(女人禁制を)撤廃しろと言っていました。1ミリも興行に関わることではないし、先進性の意味からも、そのときからもっと議論してもよかった」と怒りの表情で語った。

やく氏は続けて「そもそも、女性が不浄という感覚がおかしい。女性はよく、そんなことを言わせておくなと、当時も思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.