くらし情報『「寺門ジモンの取材拒否の店」にやらせ疑惑浮上』

「寺門ジモンの取材拒否の店」にやらせ疑惑浮上

2018年4月8日 19:30
 

関連リンク

・シャーリーズ・セロン、約22キロ増量で“うつ”にまで…壮絶役作り明かす
・映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也
・松嶋菜々子、朝ドラで広瀬すずの“母”に 「ド新人」時代振り返る<なつぞら>

(C)まいじつ

不定期の深夜特番として放送されているフジテレビの飲食店紹介番組『寺門ジモンの取材拒否の店』に“やらせ疑惑”が浮上している。

この番組は、お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』の寺門ジモンが、マスコミからの取材を一切受けないという飲食店を直接に訪ね、取材依頼するというグルメ番組だ。 交渉する店は和食をはじめ欧州料理、中華、焼肉、ステーキ、ラーメン、定食店など多岐にわたる。

「ジモンは肉の知識に精通しており、焼肉店、ステーキ店が特に多く登場しますが、あくまでもジモンが選んだ取材拒否店というのが番組のコンセプトです」(テレビ雑誌編集者)

ジモンはスタッフと一緒に店へ行って交渉し、店名や場所を明かさないことを条件に取材の許可を得る。店の詳細を分からなくするように、料理やジモン以外の天蓋と店内の風景にはモザイクをかけて放送されている。

4月1日深夜に最新回が放送されたが、インターネット上では《内容がうさんくさい》という書き込みが多くみられた。

■ 過去に雑誌などで紹介されている店が登場

「もったい付けて取材交渉をする割には、最後に『いつも来てくれるジモンさんの頼みだから』といって、取材できる流れが定番になっています。顔出しNGの店主もいますが、顔出しどころか店名もOKの店主もいる。邪険に扱う店主はほとんどいません」(フードライター)

基本的に拒否されることはほとんどない。ここに疑惑が向けられている。

「どの店も『ジモンさんだから』という理由で取材がOKになるのです。だったら飛び込みで行かず、事前にアポを取ればいいだろうという話です。忙しい時間に行って取材させてもらうより、事前に連絡した方が店もいいに決まっている。だから、非常にうそっぽい番組の作りに見えてしまいます」(同・ライター)

4月1日の放送では次のようなやり取りがあったという。

「3月末に閉店した天丼屋に『番組放送時点では閉店でしょ。迷惑は掛けないから』と、取材の許可を取っていました。この天丼屋は、閉店になることがネットでニュースにもなった老舗で、過去には雑誌などでも紹介されています。最近は取材拒否をしているのかもしれませんが、やらせと思われても仕方ないでしょう」(同・編集者)
2009年からやっている番組だけに、ネタ切れしてきたのかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.