くらし情報『人災隠しのために炎上か「AKB落下事故」に浮上した重大疑惑』

2018年4月10日 07:00

人災隠しのために炎上か「AKB落下事故」に浮上した重大疑惑

(C)Lleistock / Shutterstock

(C)Shutterstock

3月31日と4月1日にさいたまスーパーアリーナで開催されたAKBグループのコンサートで、2日続けてメンバーの落下事故が起きた。

「3月31日は『HKT48』の、4月1日は『AKB48』の、それぞれの単独コンサートで事故が起こりました。高さ約3メートルの“花道”と呼ばれる外周通路から落下し、HKT48秋吉優花は足の薬指と小指を骨折。AKB48稲垣香織は後頭骨を骨折し、入院加療が施されています」(芸能記者)

HKT48のコンサートあと、普段ならば「運営の安全管理が不十分だった」などと批判したであろう支配人兼任の指原莉乃が、落下はメンバーの自己責任であるかのようなツイートをし、ファンからの大ブーイングを浴びせられた。のちにそのツイートは削除されている。

「どんなときでもメンバーやファン寄りの立場を取り、場合によっては秋元康プロデューサーにも食ってかかる指原が、今回の事故ではメンバーに責任を押し付けました。ファンは失望すると同時に、怒りの矛先を指原に向けました」(同・記者)

■ 見るからに簡素だった「セットの作り」

指原へのリプライのなかには《今年は総選挙に出ないからそんなことが言えるんだろ》といった投稿もあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.