くらし情報『菊池桃子を狙ったストーカーの「怖すぎる行動」の数々』

2018年4月9日 16:00

菊池桃子を狙ったストーカーの「怖すぎる行動」の数々

所属芸能事務所には、「あのときの運転手」と大胆にも素性を明かした上で、結婚を迫るメールを何十通も送った。菊池の相談を受けた警察が、ストーカーに警告を出したものの効果はなく、事件当日はツイッターに《菊池さんに会いに行く》と投稿。幸いにも事務所がこれを発見し、署に通報したことで、ストーカーは菊池の自宅付近に現れたところを現行犯逮捕された。

「男の行動は半年の間にどんどんエスカレートしていました。もし当日の投稿を見逃していたら、もっと恐ろしい事態も考えられたかもしれません」(同・記者)

■ ストーカー被害に遭うのを避けるためには?

4月5日、奇しくも1日警察署長として公の場に姿を見せた菊池は、「逮捕されたから終わりではなく、今後のことも不安です」と話している。一般的に、ストーカー行為をした者への罰則は1年以下の懲役または100万円以下の罰金とされている。男は警察から警告を受けているため、より重い2年以下の懲役または200万円以下の罰金が相当とみられるが、数十年来のファンが2年程度で気持ちを改めるとはなかなか考えにくく、菊池の不安ももっともだ。過去にも、芸能人がストーカー被害に遭ったケースは多くある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.