くらし情報『「オフィス北野騒動」に対する世間の冷めた意見』

「オフィス北野騒動」に対する世間の冷めた意見

2018年4月11日 16:01
 

関連リンク

・メーガンさん、ヘンリー王子との挙式を前に“フェイスヨガ”にも挑戦
・三ちゃん、めちゃイケ終了に寂しさ 最終回呼ばれず「嫌われていたんだと」
・榮倉奈々が20代で体験した「デンジャラスな旅」とは?
(C)Photographee.eu / Shutterstock

(C)Shutterstock

ビートたけしがオフィス北野から独立するという騒動の原因として、たけし軍団から事務所運営について糾弾されているオフィス北野の森昌行社長は4月4日、たけし軍団の一連の行動を「看過できない」と反論した。

森社長は『週刊新潮』の取材に対して、「さすがにこの度の軍団の行動は看過できません。わたしが口を閉ざしたままでは、彼らのブログや報道を見た人は、本当に私ひとりが悪者であり、それどころか私が私利私欲のために会社をいいように使ったという話を真相だと信じ込んでしまう。事実と異なることを真相だと――」と切り出し、たけし軍団がブログに投稿に投稿した共同声明文の内容を否定した。

従業員の給料に対しては「1994年のたけしさんのバイク事故で得た大きな教訓は、この業界はいつ何が起こるか分からないというものでした。払えるときに払っておかないと、いつ従業員に充分な手当てをしてあげられなくなるか分からない」とし、やるべきことをやってきたと説明をしている。また、軍団の誤りにも言及し、「わたしが社長に就任してから年収を1億円以上に引き上げたとか、20代の従業員の年収が千数百万円だとか批難されましたが、全て事実誤認です。また軍団のなかには、600万円の借金を事務所に肩代わりしてもらっている芸人などもいます」と事実誤認であると反論した。

森社長がオフィス北野の筆頭株主になったのは26年前で、それに伴う社長就任もたけしに報告したとし、役員報酬は法外に高いわけではないなどと説明。いずれも4年前にたけしや軍団に話しており、解決したと考えていたという。

森社長は自らが理事長を務める映画祭『東京フィルメックス』の理事長を先月上旬に退任していたことがわかっている。森社長は「この映画祭で人材を発掘できれば、結果的にオフィス北野のビジネスチャンスにつながると考えていた」と話していた。

■ 「たけし軍団には需要がない」

この騒動についてたけし軍団の意見を支持する声が大きいが、なかには次のようなインターネットへの投稿もある。

《でもさ軍団って芸もなければ面白くもないのに年と芸歴だけは長いからギャラ高くなるから誰も使いたがらないよね》
《マネージメントが悪いから俺たちは売れないんだとか勘違いしてんのかな?》
《軍団はたけしにゴマ擦ってるだけで、芸人としてはまったく需要ないと思うんだけど…》
《社員の給料もおかしいけど軍団もたけしのおかげで今まで散々甘い汁吸ってきたんだから社員をとやかく言える立場でもないと思うけどなぁ 元々実力もなく落ち目だった芸人を拾ってもらってただけなのに》

このように、たけし軍団は元々需要がないという意見も一部から出てきている。

また、森社長に対しては《その会社の筆頭取締役が、持ち株比率を上げるのはあたり前の事だと思うんだけど芸能界では違うのかな?社員が筆頭株主より多く保有してるとこなんてあるの?もしあったとしたら、その社員がライバル社に引き抜かれでもしたらライバル社が筆頭株主になってしまう訳だからカンタンに企業の乗っ取りが完成しちゃうよ》と、その行動は当然だという投稿も出てきている。

オフィス北野は全スタッフを一旦退社させ、会社の規模を縮小して再雇用を募り、再出発を図る方針だという。たけしの映画製作や配給も行っていたが、規模縮小ではそれも難しくなると思われる。たけしの新作映画は作られるのかわからなくなったことは間違いない。

【画像】

(C)Photographee.eu / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.