くらし情報『栄和人氏に続き「レスリング問題」で谷岡郁子副会長も辞任か』

栄和人氏に続き「レスリング問題」で谷岡郁子副会長も辞任か

2018年4月9日 19:00
 

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

レスリング女子で五輪4連覇を達成した伊調馨が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを受けていたという告発状が内閣府に提出された問題で、第三者の弁護士による調査報告書で複数のパワハラ行為があったと認定されていることがわかった。

協会は4月6日に東京都内で緊急理事会を開き、パワハラ行為が認定されたことを受けて、福田富昭会長ら幹部が「伊調選手、関係コーチ、その他の関係者の皆さまに、この場を借りて深くお詫び申し上げます」と謝罪をした。また、栄強化本部長から谷岡郁子副会長を通じて辞表が提出され、理事会はこれを受理したことも明らかにしている。栄本部長は「自分の不徳の致すところ」と話しているという。

伊調は所属するALSOKを通じて、次のようなコメントをしている。

《本日、レスリング協会が第三者委員会による調査結果について公表しましたが、まだ内閣府の調査が続いておりますので、最終的にはその調査結果を待ちたいと思います。日本レスリング協会がアスリートファーストの確立に尽力されることを信じており、私も協力してまいります。あらためて応援してくださっている皆さまに感謝申し上げます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.