くらし情報『中居正広「独立組3人の新曲」をラジオで流して皮肉』

中居正広「独立組3人の新曲」をラジオで流して皮肉

2018年4月10日 19:31
 

関連リンク

・美脚に魅せる!コーデの名脇役スキニーデニム&スキニーパンツ特集
・憧れのパリジェンヌから学ぶ!この春気になる4つのスタイル 【 vol.2 】
・トーニャ・ハーディングも米人気ダンス番組出演へ フィギュア勢に期待!

(C)まいじつ

中居正広がパーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ番組『中居正広ON & ON AIR』の4月7日放送回で、1曲目に稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が歌う“新しい地図”としての新曲『雨あがりのステップ』が選ばれた。

曲終わりのCM明けに中居は「なんだ、この歌。これは売れないな」、「詳しいわけじゃないけど、これはダメですね」、「かすれ声、雑な声が入ってないと、これは売れないですね」と、いかにも自分が入っていないから売れないという“本音”とも聞こえるような冗談を言っていた。

しかし、それ以上は触れずに次のテーマトークに入ったため、ラジオを聞いていたファンはあらぬ想像をかき立てられ、SNSを中心に一時騒然となった。

「中居がラジオで稲垣たちの曲を流したのは、いまは無理でも、将来的には合流したいというラブコールです。中居はジャニーズと契約更新するかどうか6月に結論を出しますが、3人に合流する可能性が大きくなったと感じさせる出来事でしょう」(芸能関係者)

■ 中居の狙いとは?

一説には、中居は3人の事務所『CULEN』の提携を受けつつの独立を狙っているようで、完全に事務所には入らず、業務提携をしつつ中居の個人事務所での活動を模索しているという。

「パラスポーツ応援チャリティーソングでもある『雨あがりのステップ』は、3月19日にiTunesStoreとレコチョク限定でリリースされ、すでに7万件以上のダウンロードを記録しました。寄付金額は1600万円を超えています」(同・関係者)

3人は3月に東京の駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われた『パラ駅伝 in TOKYO2018』に、パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターとして登場していた。そのとき、雨あがりのステップを初披露した際、草彅は「新しい道が続いているという内容の歌詞が、本当にいまの僕らの状況と重なっている」などと思いを語っていた。

「中居はこうした動きを密かにサポートしたいと思っていて、今回のラジオでの曲紹介につながっています。中居の独立を今度は香取らが支援する番でしょう」(同・関係者)

6月の中居の“決断”に注目したい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.