くらし情報『漫画村閉鎖騒動で話題になった「次の海賊版サイト」の正体』

漫画村閉鎖騒動で話題になった「次の海賊版サイト」の正体

2018年4月11日 19:01
 

(C)Pavel Ignatov / Shutterstock

(C)Shutterstock

無料で漫画などを閲覧できるとして、中高生ら若年層を中心にユーザーを増やしていたサイト『漫画村』が、4月11日からアクセスできない状態になっている。アクセスすると《現在漫画村はメンテナンス/もしくは負荷が高い状態です。現在担当者が直している途中なので時間を開けて再度アクセスください。》と表示され、コンテンツの閲覧はできない。

同サイトで閲覧することができた漫画等の多くは出版社の許可を得ず、違法にアップロードされたものだ。海賊版サイトのなかでも最大手といわれていた。

「海賊版サイトを巡っては、漫画村が話題となり始めた昨年夏ごろから特に問題視されており、今年2月には日本漫画家協会がサイトを利用しないよう呼び掛ける声明を発表しました。事態を重く見た政府も『サイトブロッキングを含め、あらゆる方策の可能性を検討している』と発言したばかりです。4月中にも閣議で正式決定した上で、プロバイダーにアクセス遮断を要請するとの報道がなされていました」(ネットライター)

この動きに対して漫画村は3月5日、月額課金型の新サービス『漫画村プロ』を開始する予定であることをホームページにて発表。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.