くらし情報『再放送やDVD化がされないドラマが存在する理由』

2018年4月16日 16:00

再放送やDVD化がされないドラマが存在する理由

(C)Fekete Tibor / Shutterstock

(C)Shutterstock

過去に放送された番組の2次利用のために現在、連絡の取れない出演者の情報提供を呼び掛けている『一般社団法人 映像コンテンツ権利処理機構』(略称・aRma)というサイトがある。

過去には連続ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)に出演して人気だった女優の宝生舞が一時行方不明となり、サイトに掲載されたことがあり話題になった。その後、周囲からの連絡で所在が明らかになり、この一件がきっかけでサイトの存在を知り、自分の名前を見つけたほかの不明者からサイトに連絡があったケースもあったようだ。

「実際に行方不明になっているのは数作品のドラマに出演しただけで引退してしまった役者など、ほとんどが無名に近い人で、宝生のような有名な俳優が行方不明になるというのは珍しいケースでした。もっとも、著名人では高峰三枝子たこ八郎ポール牧沢村貞子などが掲載されていますが、これはその遺族や権利者と連絡が取れないためでしょう。ドラマ『特命係長・只野仁』に出演していたAV女優の紋舞らんも掲載されていますが、AV女優の場合、引退後は結婚して普通の生活をしている人も多く、名乗り出るケースはあまりないと考えられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.