くらし情報『小島瑠璃子「バラエティー番組の心得」を明かして批判される』

小島瑠璃子「バラエティー番組の心得」を明かして批判される

2018年4月13日 11:05
 

関連リンク

・テイラー・スウィフト邸にまたストーカー現る ベッドやシャワー使用の形跡も
・現役女子大生の松本花奈監督、“20歳の叫び”に『情熱大陸』が密着
・オダギリジョーが主演『イアリー 見えない顔』連ドラ化 ヒロインは仲里依紗

(C)まいじつ

4月12日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)の2時間スペシャルに菊池亜美小島瑠璃子が出演した。バラエティー番組の出演回数の多いタレント陣とチームを組んだが、主に小島が「騒がしい。わざわざ出すな」と視聴者から反感を買っていた。

番組内でゲームに挑む前に、山崎弘也狩野英孝小島瑠璃子らはバラエティー番組に出演する際に心がけていることを発表し合った。

狩野は、最近家庭菜園を始めたことをテレビ番組で述べたところ、ネットニュースになったと苦笑いしながら「ネットニュースはなるべく見ない」と心がけているとした。多くの番組を抱える小島は「長く細く(番組から声がかかるように)やっていきたい」とし、「なるべく番組の主役にならない」と心がけているという。これに菊池は「何か、ひとりだけリアルな(戦略的な)やつ…」と小島に指摘。すかさず小木博明も「頑張れば主役になれる人の言い方だよね?感じ悪いよね?」と小島に茶々を入れた。

この小木の言葉に菊池も同調。「小木ポリスに捕まったら(おぎやはぎの)ラジオでメッタクソに言われる」と会場を沸かせながら、バラエティー番組で体を張り続け、ときにほかの芸能人にいじられるリスクを背負いながらも頑張っているとしながら、好感度が高い小島をやっかんでいた。

■ 「こじるりあざとい」

小島の発言にはツイッターで批判が多く投稿された。

《こじるりあざといなー。どの層に需要あるの。》
菊地亜美ちゃんは二宮担として見たいところを見せてくれるから出てくれるの嬉しいんだけどこじるりは意味がわからないのよね》
《相葉くんの素晴らしい姿を見せてくれる菊地亜美嫌いじゃないよ。こじるりの方がわたしは好きじゃない》

ツイッターの情報を総合するに、菊池は『嵐』のメンバーを持ち上げることも多く、ファンも感謝しているようだが、番組を盛り上げつつも嵐のメンバーは持ち上げず、一定の存在感を出す小島には嫉妬の目線を向けているようだ。

小島はバラエティー番組の出演回数が多いだけに、振る舞い方を変える段階がやってきたのかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.