くらし情報『長嶋一茂「真っ当な意見」の言い方が悪く非難の的に』

2018年4月13日 17:50

長嶋一茂「真っ当な意見」の言い方が悪く非難の的に

長嶋一茂「真っ当な意見」の言い方が悪く非難の的に

(C)まいじつ

タレント長嶋一茂が4月13日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演し、大相撲の女人禁制問題についてコメントした。

静岡市駿河区で8日に実施された大相撲春巡業『富士山静岡場所』でのイベント『ちびっこ相撲』に女児の参加が認められず、泣く泣く出場を断念した女の子がいたと番組で取り上げ、主催した実行委員会によると、直前の4日に日本相撲協会の静岡場所の担当である荒磯親方(元幕内玉飛鳥)から電話があり「女の子の参加は遠慮してほしい」と通達されたという。

昨年も参加し、ずっと練習をしてきたという女の子は「悲しい」とインタビューで答えていた。このVTRを見た長嶋は顔を真っ赤にして怒りを露わにし、「基本的人権の尊重の無視というか、憲法違反だと思う、おれは」とがなり立てた。

長嶋はまず「女人禁制で土俵に上がれないというのは、舞鶴でアンポンタンな行司が、たとえ女の人が看護師であっても『土俵から降りてください』と言っちゃった。理解できないけれど、おっちょこちょいな人がいるな、と」と、昨今議論の発端となった相撲の問題を持ち出した上で、今回の一件は「急に何の説明もなくいきなり通達したという高圧的な考え方。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.