くらし情報『女子アナの「大谷翔平争奪戦」に遅れてきた本命候補が浮上』

女子アナの「大谷翔平争奪戦」に遅れてきた本命候補が浮上

2018年4月21日 21:00
 

女子アナの「大谷翔平争奪戦」に遅れてきた本命候補が浮上

(C)まいじつ

MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平に、どのテレビ局の女子アナが接触するか注目の的になっている。

「大谷は両親の意向で25歳まで交際厳禁。特に女子アナとの交際は猛反対していて、大谷もその約束を守るつもりでいます。でも、恋愛をそう簡単にコントロールできれば、人間、苦労はしません。いま大谷を取材できるのは、アメリカ人で日本語が堪能なスポーツ専門女子アナのふたりだけとされています。基本的には日本人の局アナは誰も接触できない状況です」(女子アナライター)

だが、大谷に近づいてきている女子アナはフジテレビに複数人存在している。大学時代に岩手県奥州の市長を交えて大谷と対談している久慈暁子アナがその筆頭で、民放では数少ないスポーツ専門の女子アナだ。そして、高校時代から大谷を取材している宮澤智アナ。さらに、4月からフジテレビのスポーツニュース『S-PARK』の担当になった宮司愛海アナといったところだ。

「フジテレビ内での大谷取材合戦が過熱するとみられています。とくに久慈アナは周囲からも大谷の特ダネを掴むことが期待されていて、共通の知人もいるといい、久慈アナから取材オファでがあれば大谷も断らないとされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.