くらし情報『高嶋ちさ子父「歩く老害」身勝手すぎて批判殺到』

2018年4月24日 10:35

高嶋ちさ子父「歩く老害」身勝手すぎて批判殺到

(C)Master1305 / Shutterstock

(C)Shutterstock

4月23日に日本テレビ系列で放送された『しゃべくり007』にバイオリニストの高嶋ちさ子がゲストで出演した。番組では高嶋の傍若無人な振る舞いが長時間取り上げられ、批判が集まった。また高嶋の父親が登場したが、「歩く老害」などと視聴者から不満が寄せられた。

高嶋は番組で「(レストランなどで)注文したものと違うものがきても、全然大丈夫と言った」、「飛行機のCAから『楽団員の方ですか』『一度聞いてみたいわ』と言われたけど怒りをこらえた」などと、日常生活でいらついたエピソードを次々と披露した。番組の途中からは、高嶋が考える“せっかちモンスター”として実父が登場。実父は登場早々「ちゃんとお客さまの話を聞いていない」と司会者の上田晋也を批判した。実父は「せっかちすぎて箸を折ってしまう」「食べ物を口に入れてそのまま箸をかじってしまう」などと体験談を明かしたところ、レギュラー出演者の名倉潤が「おれもあるわ」と共感する意見を述べた。

だが、年上を敬おうと同調した名倉に対し、高嶋の父は名倉をほめるかと思いきや、父は「あなたの話どうでもいいんですよ」、「お客さんの話を聞きなさい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.